FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

false chain

「24 Snowflakes in tatting」という本を最初から作ろうと思ったら、"false chain"という技法が出てきたので、とりあえず、試しに作ってみました。
本の図だけでは、意味がわからず、何度やっても失敗。本の英文を読めば理解できたのかなぁ・・・。と思いつつ、読まず、ネットで動画を調べて、何度か見てやっと理解しました。
「ああ、タティングなんだ」と妙に納得しました。
何とか理解したので、あとは練習あるのみ。最後に長さの調節が出来ないので、その辺が難しい。



改めてこの技法の出てくるパターンの所を読んだら、シャトル1つで2ラウンドとなっていた。シャトル2個で、こういう技法を使えば、続けて編めるよとのこと。どっちでやろうかな。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ タティングレースへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
2012-10-30 : タティングレース : コメント : 2 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

始まりと終わりがチェインの途中なのね。

チェインの途中から初めて、芯になるほうの糸のはじめに、最後のチェインを作れば、それっぽくなるかな。調べてみよう。
2012-10-31 10:44 : 夢織 URL : 編集
りおさんへ。

私の持っている本には、"false chain"とでていたが、"The Split Chain"という呼び名もあるみたい。

チェインを途中まで作って、チェインの最後になる部分に先に結んで、そこから、シャトルが通るのであれば、スプリットリングと同じ要領で目を移さずに編めばいいのだと思うが、シャトルを通せないので、変な編み方をするのだと思う。

私が見た動画は
http://pinterest.com/pin/159455643027853113/
ちょっと前に、facebookのtattingのグループにリンクがあったもの。
その時は、何だろうと思って見ただけでした。
2012-11-06 10:47 : 柚花 URL : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

柚花

Author:柚花
ハンドメイド、風景印、絵葉書が好き。
パッチワーク・加賀ゆびぬき・タティングレース etc
絵葉書が好きでpostcrossingやってます。
英語をろくに理解できませんが、海外に英語で絵葉書を送受信して楽しんでいます。好きな葉書を受け取るとテンションあがります^^  最近は、海外の消印にも興味がある。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。