スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :

台湾2日目 (11/5)

台湾旅行2日目。

忠烈祠で行われる衛兵交代を見るために、前日調べたバス停へ。台北駅までは、ホテル前から出ているバスで行きました。

忠烈祠 忠烈祠

石畳の上の茶色い筋、これは、何かが通った後なのかと思っていたのですが・・・

衛兵交代

毎日1時間ごとに行われる衛兵交代の衛兵たちが歩いた跡なんですね。
衛兵交代は2カ所で行われる。結構、長い距離を衛兵たちが行進したあとを観光客がついてくる。
まるで、「ハーメルンの笛吹き男」のように見えてしまった
衛兵交代


衛兵交代を見た後、近いのでタクシーで故宮博物院へ。
石の白菜が有名ですが、石の白菜はいまいち。他、もっと凄い象牙や石、竹の彫刻が沢山あり、そっちは、すごい見応えがありました。
故宮博物院

昼過ぎ、いったん、ホテルに戻って休憩。
4時頃、士林夜市へ。その前に、私がどうしても欲しい本があったので、ホテルで本屋の場所を聞いて、近くの本屋へ。目的の本はなかったのですが、バッグの本を見つけてしまった。可愛い&作ってみたいパターンがいくつかあったので、思わず購入。日本の訳本ではないので、結構安かった。
本屋近くの地下鉄駅から、地下鉄で夜市へ。
士林夜市 士林夜市

この日は、ここで夕飯。
唐揚げ
かなり有名な唐揚げを食べました。顔ほどの大きさの唐揚げです。おいしかったです。さすがにこれ1つ食べるとおなかいっぱい
一回りして、デザートに辛發亭のかき氷「雪片」。
かき氷「雪片」
珈琲と抹茶。ふわふわでおいしかった
2010-11-09 : trip : コメント : 2 : トラックバック : 0 :

台湾1日目

台湾に行ってきました。
羽田発 松山空港(台湾)行き 10時45分 エバー空港

羽田空港.jpg エバー空港

羽田空港国際線ターミナルがオープンして2週間。空港は、どこも同じような感じですね。どこの国の人が行っても迷わないようにと、同じような作りになってるって聞いた記憶が・・・。

日本から、3時間半、近いですね。
無事、台湾の松山空港に到着。松山空港は、街中にある空港なので、着陸まで、街の上をぎりぎりまで飛んでます。結構、迫力あります。
台湾松山空港


ホテル到着後、街をぶらぶら。
とりあえず、台北駅に行き、翌日行く予定の忠烈祠行きのバス乗り場を探す。
台北駅の地下街を歩いたのだが、途中、なぜか駐車場内を歩くことに。地図を見てもここしか歩くところがない

街をブラブラしているときに「大阪焼豬排」とメニューに書いてあるお店を発見。いったい何なんだ
日本風だと「日式」と書いてあるはず。なら、「大阪焼」とは?
「豬排」は、パイコー。骨付きの豚肉をフライにしたようなもの。なのだが、この場合、豚カツでしょう。

そんなこんなで、かなり時間もたち、夕飯を食べるところを探すべく再び、ガイドブックを片手に街をぶらぶら。
ガイドブックであたりをつけて、店の前までいくのだが、店の雰囲気がいまいちだったり、敷居が高そうだったり
最後に行った店も敷居が高そう・・・
隣の店を見ると小籠包の店、その2件隣は普通の食堂っぽいところ。どちらも雰囲気は悪くない。外にメニューがあり、値段もわかるし 
普通の食堂っぽいところに見覚えのある顔が。梅宮辰夫さんの写真でした。この店を訪れたことがあるようです。この写真と雰囲気に吸い込まれました。
二人で、棒餃子、チャーハン、大根の卵焼き、空心菜の炒め物。おいしかったですよ。
1日目夕飯

ホテルへの帰り道。
「大阪焼豬排」の正体がわかりました。
豚カツに、ソーズとマヨネーズ、鰹節がかかってました。大阪のイメージって、お好み焼き、たこ焼きなのでしょうか
大阪焼豬排

2010-11-09 : trip : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
« 前のページ  ホーム

プロフィール

柚花

Author:柚花
ハンドメイド、風景印、絵葉書が好き。
パッチワーク・加賀ゆびぬき・タティングレース etc
絵葉書が好きでpostcrossingやってます。
英語をろくに理解できませんが、海外に英語で絵葉書を送受信して楽しんでいます。好きな葉書を受け取るとテンションあがります^^  最近は、海外の消印にも興味がある。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

QRコード

QR

にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。